サブリース契約におけるトラブルは賃料の減額や未払いなどの契約違反があります。

アパートローンのトラブルの種

電卓の上で言い争う2体の人形

 

アパートローンを借りる上で「サブリース契約」という形態を利用した方はいらっしゃいますでしょうか?
サブリース契約とは、サブリース業者が、アパートローンを利用して購入したマンションやアパートなどの賃貸物件を賃主から借り上げることで行う経営方法です。

 

賃主には定期的に安定した収入が得られる他、サブリース業者に建物を任せるため管理する手間が省けるといったメリットのあるアパートローンの使い方の一つです。
一見メリットだらけに見えるサブリース契約ですが、実はアパートローンと組み合わせた利用の中でもトラブルが多発している問題の多い仕組みになっています。

 

トラブル事例① 賃料の変更

サブリース契約は賃料の決定もサブリース業者に任せてしまうので賃料が意図せぬタイミングで収入が減少してしまうということが起こります。

 

最近では5年の家賃保証を約束されたので、シェアハウスを購入したが1年と経たずに賃料が引き下げられたというトラブルがありました。
賃料変更のタイミングは契約書に記載されているはずなので「家賃保証」や「空室保証」などと言われても、契約内容をしっかり確認しましょう。

 

トラブル事例② 業者からの受けた契約違反

サブリース業者から賃料が支払われないというようなトラブルも相次ぎました。
勧められてアパート1棟を購入したものの、業者から約束されていた費用が入金されず、せっかく組んだローンが支払えなかったと行った実例もあります。

 

アパートローンは返済が滞った場合二度と次の契約が交わせない可能性もある非常に繊細な商品ですので、このようなトラブルは看過できません。
必要に応じて所定の相談サービスに相談しましょう。

 

 

トラブルに巻き込まれた時にするべきこと

議事録をとるためのボイスレコーダーとメモ

上記のようなアパートローンにおける賃料のトラブルは決して他人事ではありません。

 

もしトラブルに巻き込まれた場合には冷静に確認すべき事項があります。

 

契約の内容を再確認する

サブリース契約時にいくつかの契約書を交わしたと思います。
その中にトラブルが起きた際の補償についての契約書があるはずなので、サブリース業社との間にどのような補償の契約を交わしていたか再確認し、事例に応じた対応をしましょう。

 

状況は全て記録媒体で保存する

トラブルが起きた場合、すぐに入居者もしくは銀行・金融機関、仲介業者との話し合いが行われることが考えられます。

 

可能ならばボイスレコーダーなどを利用して議事録を取りましょう。
自分や相手方がどのような見解を持っているかという点は非常に重要になります。
当事者同士の記憶に頼るのではなく、第三者の意見を求める可能性も考えてお互いの発言の証拠を残しておくのがベストです。

 

 

ホットラインへの相談も大切

スマホで電話相談するイメージ

 

不動産に関するトラブルはいつの時代も大きな悩みのタネでした。
実際に運用するとなると悩みのタネは思ったより根深く、私たちの生活に影響を与えます。
もし巻き込まれてしまったら、自分たちだけで解決するのではなく消費者ホットラインなどの活用をするも考えてみてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ戻る