不動産投資はマンションやアパートを貸して家賃収入を得る方法が一般的です。

不動産投資とは?

不動産オーナーのイメージ画像

 

「投資」言えば、一般的には株式を買ったりマンションを買ったりすることが思い浮かぶと思います。
今回ご紹介する不動産投資とはそのマンションや土地を買って行う投資になります。

 

より詳細に述べますと不動産投資とは利益を得るために不動産を購入することを言います。
土地やアパートを購入し、人に貸して賃貸料をいただく方法や、買ったアパートやマンション、土地に高い価値がついた場合にそのものを売却して利益を得るといった方法があります。

 

一般的には前者のような、購入したマンションやアパートに人を住まわせ賃貸料をいただく家賃収入という方法で収益を得ます。
なので短期的に莫大な収益が発生するというものではなく長い目で見て安定した収益を得る投資の方法になります。

 

豊富な種類と運用の仕方

ステップアップのイメージ

 

不動産投資にはレベルに応じた収入を得る運用法がございます。
いきなり高層マンションの一棟買いをしなければいけないことは決してなく、ご自身に合った投資の段階を選択することができます。

 

マンションを一部屋買う

初心者が不動産投資に参入するのにオススメの方法で、新築や中古で販売されているマンションをワンルーム購入し、希望する入居者に貸すといった方法です。

 

投資した資産は入居者から得る家賃で回収することができ、購入規模がマンションのワンルームになるので、元手があまりかからずに挑戦しやすい不動産投資になります。

 

戸建てを購入する

家族入居ができる一戸建て

マンションのワンルーム購入で経験値を得たら、次のステップとしてオススメなのが戸建てを購入して人に貸すという投資方法です。

 

購入する金額はマンションに比べて値上がりしますが、戸建てでも中古の物件だと比較的安価なものがあるので十分に検討の余地があります。

 

また、戸建ての入居者は家族での入居の可能性が高い物件になるので、マンションを好む単身者よりも安定して継続的に収入を得ることができると言えます。

 

土地を駐車場やコインパーキングにする

もともと家族が持っていたものを譲り受けたり、機会に恵まれて土地だけを手に入れることがあれば、その土地を利用してコインパーキングやコインランドリーなどの施設に改装することで収入を得ることができます。

 

特にコインパーキングにおいては都心だとその需要は高く、いざ物件を建設したくなった場合にも比較的容易に転向することができることが魅力といえます。

 

 

不動産投資はギャンブルではない

計画的にものを積み上げる子供

投資はギャンブルと混同されがちですが、計画的な運用を重ね着実に資産を積み上げることのできる手段です。

 

少しでも興味を持つことができたのなら、お近くの銀行や金融機関にご相談に行かれてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ戻る