金利や審査基準などを比較してから自分に合った金融機関を選ぶと良いでしょう。

メガバンクは別格の信頼感

東京のメガバンクのイメージ画像

 

メガバンクとは東京に拠点を構える「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」の三代都市銀行に代表される銀行の総称です。
地方銀行に比べてその規模は大きく「みずほ銀行」に関して言えば全都道府県に展開しているメガバンク唯一の銀行であることから、その勢力が伺えます。

 

アパートローンのご利用に際して「金利」の面では、地方銀行やノンバンク系の金融機関に比べて最も低く設定されており、最大で0.4~1%台でお借り入れをする事ができます。
これだけでも一度メガバンクの審査を受けてみる価値はあるでしょう。

 

信用力はトップの実力

信用感のある銀行員のイメージ画像

圧倒的な「信用力」があるのがメガバンク利用のメリットです。

 

メガバンクは気になるポイントとして審査の時間が長いと言われがちですが、裏を返せばそれほど信用に対して厚いということが考えられます。

 

その信用の厚さは業界には広く知れ渡るもので、一度審査に通れば次の投資の際にどこの機関を利用しても評価される最大の強みとなり、今後の投資活動に強く影響するものになります。
通らなかったからといって経歴に傷がつくわけではないので、まずは審査を受けてみるというのもオススメできる銀行になります。

 

 

ノンバンクだと融資のハードルは低い

地方銀行の外観

 

銀行系以外だとノンバンク系の融資がご利用いただけます。
ノンバンク系とはメガバンクや地方銀行など銀行以外の貸し出しを専門とした金融機関の総称であり、消費者金融に代表されます。

 

地方銀行やメガバンクに比べると金利が4%〜7%後半ほどと高く設定されている場合が多いですが、審査スピードにおいてはメガバンクより優位に立つのが特徴です。
またノンバンク系の業務は「貸金業法」という法律が適用されているので、よくある高い金利を押し付けられて無理やり取り立てられるといったことはないので安心することができます。

 

間口の広さが嬉しいポイント

ノンバンクでのローン商品の利用において、メガバンクに比べると審査条件は低くなるという特徴があります。
審査に必要なものとして申し込み条件を満たしているか、担保にする物件は条件を満たしているかなどがあげられますが、それらの審査基準において銀行系を利用する場合に比べると担保としての価値には許容範囲が広く設定されています。

 

また、メガバンクではトップクラスの融資が利用できる代わりに審査条件もトップクラスという条件がつきます。
アパートローン商品を利用される方が必ずしもトップクラスの融資を受けたいとは限らないので、人によってはノンバンクのご利用がオススメできると言えます。

 

 

それぞれの特徴からご自分に合ったものを

「メガバンク」と「ノンバンク」を主軸に特徴をご紹介させていただきましたが、ご利用の目的によってはどちらが絶対にオススメとは言えない商品になります。
「時間」「信用力」「融資金額」など、必要な情報を整理してから最適な商品はどちらか検討してみてはいかがでしょうか。

 

金融機関を選んだら始めるべき準備
ページの先頭へ戻る