メガバンク、ノンバンク、地銀はそれぞれ金利が異なります。

金融機関の相場を比較する理由・メリット

比較するグラフ

 

金利とは借りたお金に対して追加で利息として支払うお金のことを言います。
なので金利が低いということは支払わなくてはいけないお金が減るというシンプルなメリットに直結します。

 

この金利というのはご理解いただけた通り、ローン商品を提供するにあたって一番の強みとなる部分になりますので、銀行や各金融機関によって設定率はバラバラです。
しかし、一般的にはメガバンクのアパートローンは金利が最も低いとされ、消費者金融などのノンバンクは金利が高く設定されています。

 

金利を比較しながらもなぜ高いのかもしくはなぜ低いのかという理由にも注目してアパートローン商品を選んでいただくことが納得のいく選択につながります。

 

ノンバンクの金利の特徴

一般的に高い設定とされているノンバンクのアパートローン金利ですが、平均すると2.6~7.8%になります。
これは他のローン商品よりは低い設定で、例えばカードローンにかかる金利は一般的に12%~18%ほどとされています。

 

ノンバンクは金利が高いとされていますが、その分融資までのスピードは最も早いというメリットがありますので、一概に利用するべきでないとは決して言えない商品です。

 

地銀の金利の特徴

メガバンク以外で一般社団法人全国地方銀行協会に認可を受けている銀行は特に地銀と呼ばれています。
取り扱っているアパートローンはメガバンクとノンバンクの間くらいの金利が設定されており、平均して約1.6~4.6%となっています。

 

地銀はその地域の経済状況や全国展開率などにバラツキがあり個性が強いのが特徴になります。
最安価クラスの「横浜銀行」や「千葉銀行」では約1.5%の金利を実現したこともありますので、お近くの銀行の特性を調べることが大切になります。

 

メガバンクの金利の特徴

メガバンクの金利は約1%~2.4%になります。
これはノンバンクや地銀に比べて非常に低い設定になっているので、お借り入れの際の強みになると言えます。

 

しかしその分メガバンクの審査は厳しく、お申し込み条件に関わらず年収最低1000万円なくては通らない、強力な資産が必要などという意見もあります。
金利が低いからといってメガバンクだけに絞るのではなく、複数の選択肢のうちの1つとして考えると良いかもしれません。

 

 

金利はメガバンクが有利

時間とお金の関連性を表す画像

 

金利の最安価はメガバンクになります。
しかしあくまでこれは目安であり、最終的な金利は審査の段階で決定するので確実に最安価の金利で融資が利用できるとは限らないというのが現状です。
金利に関しての大まかな算出は銀行にご相談することで聞けることもあるそうなので、お近くの銀行・金融機関まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ページの先頭へ戻る